★儲かる会社・お店を造る専門家★ 元銀行マンのしごと。

【主な仕事】お店の経営/コンサルティング/資金繰りアドバイス/資金調達/経営再建

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ペイオフ発動】は国家財政破綻への序章か? ←週刊文春みたい(笑)

こんにちは!

銀行出身 資金繰りコンサルタント
前田旭です。


さて先日
民事再生を申請した
日本振興銀行だが、

破綻した当初から
ツイッターとかで
コメントしてました。

ここにきて
新聞などで同記事を
読む事も増えたので
その感想を書きますね
(走り書きです)

日経新聞記事より
(要約してます)
---------------------
今回のペイオフ発動、
振興銀行の預金量が少ない(他メガバンクなどに比べてね)
ので、戦後初めてのペイオフを発動するには
よい実験台なのかもしれない
-------------------

「実験台」というコトバ。
すごく不謹慎のように聞こえるが、かなり的を得ていると思う。
(国家の運営側はいつか来る金融危機や国家財政破綻への練習をしておく必要があるかもね)


次、
帝国データバンク「帝国ニュース」より

-------------------
預金者は突如突き付けられた
「自己責任」の重さに戸惑うばかりだ
-------------------

これも的を得た表現ですね。
我々国民は

■ペイオフっていう「決まりごと」だからね!!
■「自己責任」って言ったじゃん!!

と言われると、反論のしようがありません。


昨今、国は消費者保護の観点から
悪質なFX業者や説明義務を違反した金融業者への
罰則を厳しくしてきました。
(弱い立場の国民や消費者の資産はキチンと守られるべきだ!という発想)

そして、この振興銀行は元日本銀行出身の木村剛氏
が仲良しの当時の金融庁長官に銀行免許をおろしてもらってつくた銀行です。(見たわけじゃないが)
しかし結果的に
国の金融システムを管理・監督する立場の人間がつくった銀行が
預金者(国民)の預金をパクることになった訳です。


国や、国に都合のよい情報を伝えるメディアなどは

■ペイオフだから仕方がない。
■金融システムにたいした影響はない。

こんな論評が多いですね。

預金者の混乱を避けるための
感情コントロールもあるのでしょうが、

ぼくは怖い傾向だなぁ、と思うワケです。

今日は詳しく書きませんが、
マーケットで日本国債の買い手がいなくなり
インフレがおこって預金封鎖されたら

■お国がこんな状態だから仕方がない
■自己責任である

なんて論調で国民は説得されるハメになるのかなぁ・・・
と心配するのです。

※日本国債デフォルト論や国家財政破綻に関しては悲観論・楽観論、諸々専門家の意見がわかれますが、
 「国の存在価値すら、もはやマーケットが決める事。なのでどうなるかわからん。」がぼくの意見です。


万一の時のために
心の準備と少しばかりの対策を立てておくだけです。


え?

対策って何かって??


それはまた次回!!


-----------------------------
あとぼくは
日本経済悲観論者 や 
終末論者(世界が滅ぶとかね)
じゃないですよ。

ただ、【万が一ダメになったらこうしよう!!】 
と考えるのが好きなのです。

-------------------------------
スポンサーサイト

| 【ブログ】お金と経営 | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stardogs.blog86.fc2.com/tb.php/195-fd42e6fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。