★儲かる会社・お店を造る専門家★ 元銀行マンのしごと。

【主な仕事】お店の経営/コンサルティング/資金繰りアドバイス/資金調達/経営再建

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■顧問先が勝手に増える税理士さん■

独立して2年になります。

おかげさまで
コンサルティング契約を結び
お付き合いいただく中小企業の社長さまも増えました。


私は税理士とか中小企業診断士などの資格は持っていません
(宅建と簿記だけです)



私、前田旭の肩書は

「資金調達コンサルタント」

です。

しかし実際フタを開けると
やっている仕事は様々です。


■独立・起業のアドバイス
■銀行からお金を借りるお手伝い
■月次決算・管理会計の導入
■不動産の市場調査・買取・仲介
■お客様の資産運用
■会社の再生

などなどです。

しかし
お客さまの「層」は変わりません。
中小~中堅企業の社長さんです。

銀行勤務時代から一貫して
変わりません。

独立・起業してから、
社長さんではない

「一般消費者さん」

をターゲットにお仕事ができるか
調査・検討してた事があります。

結論は

---------------
僕にはできない。
---------------

でした。

なぜか?


社長さんに比べて、一般消費者さんは

------------------------------
流行に乗り易いが、飽きっぽい
------------------------------

という事がよくよくわかりました。
ぼくみたいな金融業界出身者は
1対1で、相手との信頼をつくっていくタイプなので


-----------------------------------------------------
多人数相手に興味を引くものを 次々リリースしていく
-----------------------------------------------------


のが苦手なのです。

ずっと金融業界にいてたので【原価のあるモノ】を
作ったり売ったりした事が無いのです。


----------------
何を売ったのか? 
----------------


ではなくて,


-------------------
いくら売れたのか? 
-------------------


にしか興味がないのです。

銀行マンの「悲しい性」だと思います。
銀行はそんな「数字」と「結果」にしか興味がない組織集団です。
だから銀行内部の営業会議とかは地獄絵図です。


だれも「過程」をわかろうとなんかしないし、
いま流行りの「部下を育てるコーチング」など、もはや 宇宙語 です。
数字と結果しか見ません。


会議で同僚や後輩が上司から「詰め」られていたらラッキーです。
(よっしゃー もっと怒られろ!! 俺から標的がズレるぜ!! )
小学生みたいな感覚です。

「詰め」られるのは何も若い営業マンだけではありません。
支店でイチバン偉い支店長たちも、彼らが集まる「支店長会議」で
「役員」たちから「詰め」られます。

オッサンがオッサンを追い詰めるサバイバルです。



話がそれましたね(笑



そんな「数字」と「結果」にしか興味がない「悲しい性」の私たちですが
会社の社長さんたちからは重宝がって頂くのです。

私たちは「数字」という感情の入らない「客観的」な指標を使います。


なので 

-----------------------------
物事を冷静に判断できる参謀役
-----------------------------

として期待されているのだと思います。


税理士さんも一緒だと思います。
同じ事が期待されているのだと思います。


でも多くの税理士さんはお客さまと接する時間が短すぎると思います。

僕だったら、午後から3~4時間かけて話をする事もありますが、
多くの税理士さんは1時間も話せばそわそわして「次があるので」
と帰っちゃいます。


経験から言えば 社長のホンネが出るのは 話し始めて2時間を過ぎてからです。

・1時間で帰っちゃう
・事務処理だけして帰っちゃう

ではもったいないと思います。

そして社長のホンネを聞きだしたとして
それが税理士の本業とは全く違う仕事だったとしても
その「ホンネ」の問題を解決してあげるべく税理士本人が動くべきだと思います。



それは「弁護士」の分野だから「知り合いの弁護士を紹介するね」


ではダメだと思います。


社長さんが 「ホンネ」を語ったという事は


-----------------------------
その道のプロを紹介して欲しい
-----------------------------

のではなくて

-----------------------
あなたに解決して欲しい
-----------------------

のだと思います。


もちろん、法律や規則で受ける事ができない仕事もあるでしょうが、
とことんまで突っ込んで、自分が主導権を握ってやるべきだと思います。


こういう仕事をひとつやるだけで、
社長との付き合い方が全く変わってくると思うのです。


ぼくが出会ってきた何人かの


■顧問先が勝手に増える税理士さん■


は、これらを良く理解・実戦していると思うのです。
スポンサーサイト

| 【ブログ】お金と経営 | 03:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stardogs.blog86.fc2.com/tb.php/196-59966eee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。