★儲かる会社・お店を造る専門家★ 元銀行マンのしごと。

【主な仕事】お店の経営/コンサルティング/資金繰りアドバイス/資金調達/経営再建

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

連載 【酒屋の倉庫から】 その1  資金調達コンサル@前田旭

2011年1月
実家の酒屋の裏にある倉庫に事務スペースをつくった。
書類が増えてきたのと、終電を気にせず仕事をしたかったからだ。

少し寒いが、大丈夫だろうとタカを括っていたが
業務用冷蔵庫の裏側に位置するため、半端なく寒い。

ボールペンがかすれて出ない。
プリンタの紙がローラーにかからず印刷できない。

しかたなく、ヤマダ電器で灯油ヒーターを買ってきた。
うん。思ったより快適だ!

そんな酒屋の倉庫から連載をお送りします。
----------------------------------------


不況の中
葬儀業者の業績は堅調だ。

葬儀業者全体のなんと9割が黒字。

大手企業が多いからじゃないのか?
と思われるかもしれないが実は
中小・家族経営の多い業界だ。

従業員10人未満の会社が全体の6割も占める。
従業員10人とえいば、ほとんど同族経営ではないだろうか?

しかし数字には表れていないトレンド変化がある。
最近、街や駅で広告をみかける事もあり、気づく人も多いと思う。

それは

1【異業種の参入】がとても増えている。
2【低価格化・料金の明瞭化】が顕著に進んでいる。

という点だ。

新しい競合が増えて低価格が進めばどうなるのか?
単純に考えても

・競合が増えて売上高が下がる。
・値下げ合戦になり、粗利率が下がる。
・資金繰りが苦しくなる。

これくらいは
高校生でもわかりそうなものだ。

では、その対策は?

・競合に顧客を取られないよう、差別化を図ろう。
・値下げ合戦に巻き込まれないよう、利益率の高い商品に力を入れよう。
・資金繰りが苦しくならないよう、先に手を打とう。

この答えも少し考えれば
高校生でもわかりそうなものだ。


しかし、ほとんどの経営者がこの高校生でもわかる答えを
知っておきながら行動に移さない。


なぜか?


町の中小・同族経営の社長をバカにしたくて書いているのではない。

行動できない理由があるのだ。

業界10年、たくさんの中小企業の経営者と会う中で気づいた。
大きな問題は2つだ。



■1. 過去の【成功体験】が新たな行動を制約している。


【日本の経済成長】のタイミングと【会社の成長】のタイミングが
たまたま重なって会社が成長したケースは多い。


「何を言ってるんだ! 俺は血のにじむような努力をしたんだ!!」


と社長には怒られるかもしれないが
経験上、成功には偶発的要素が多分に含まれていると信じている。


しかし成長の要件であったバックグラウンドの【日本の経済成長】
なき今、過去の成功体験は価値がマイナスである事が多い。

今までとまったく逆の事をする必要がある場合など
自分の「アイデンティティ」や「パーソナリティ」を全否定しないといけないからだ。


これはとても難しい。


人間は他の動物と違い喰って寝るだけで生きていられない。
「尊厳」や「存在意義」がないと生きられない、とっても面倒くさい動物である。


だから、簡単に自分の 【成功してきたやり方】を変える事はできない。


それが
会社がつぶれて、従業員が路頭に迷おうが関係無しに。
そんな社長には数えきれないほど会ってきた。
(だがなぜか。そんな頑固な人ほど憎めない。)


タイミングのいい会社は 後継者(2代目・3代目)が
成功してきたやり方をひっくり返す役割を担う。

そして、会社がうまく存続する。

タイミングの悪い会社は ずるずるとダメになってしまう。
(ここにも多分に“運”の要素が存在する)


・過去の【成功体験】を変えられない。


これが会社が生き残れない「第1の要因」だ。


~つづく
スポンサーサイト

| 【ブログ】お金と経営 | 13:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stardogs.blog86.fc2.com/tb.php/222-24c32083

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。